【#マメヒコの焼き林檎】ラム酒香るバターペースト


焼き林檎は、林檎が1個まるまる、どーんっ!とお皿にのっているわけですが、食べ進めるとき、ナイフとフォークで切って食べますね。
その林檎を切ると、中から溶けたバターがドーッと出てきます。
くり抜いた林檎の中に、バターペーストを詰めて焼いているのです。
一刀目を入れた瞬間、バターが流れ出てくるあの光景は、それはもう幸せになります!
このバターペーストも、もちろん、おいしさのひとつを担っています。

バターは、タカナシ乳業さんの北海道根釧台地の生乳だけで作られた良質なものを使っています。
このバターを角切りにし、フードプロセッサーで混ぜて、ペーストを作るのです。

まず、バターを入れて、攪拌し、空気を含ませます。
少し白っぽくなったところへ、お砂糖とシナモンを入れ、さらに混ぜます。
全体がよく混ざったら、ラム酒を少しずつ入れていきます。
ラム酒は一気に入れると分離してしまうので、気をつけるのがポイントです。

手順は簡単ですが、ちょっとした見極めがとても重要になります。
シンプルなものほど、ささいなことで状態の差が顕著に出てしまうので、作るときは慎重になります。

オーダーが入ってから、林檎にこのバターペーストを詰めて、オーブンで焼き上げています。
焼いていると、なんともよい香りが店内中に広がります。

(2018/10/17 まめひこさんとご近所さん回覧板より)

ミニ反転ロゴ黒
Theme
アーカイブ