【7/21~22】来週末はハタケの遠足

マメヒコのミカです。

来週末はハタケの遠足ですが、
一足先にハタケの手入れをしてきました。
7月第1週のハタケの様子をお伝えします。

これは「貝豆」というインゲン豆です。
インゲン豆には蔓があるのが特徴で、竹の支柱を立てるとそこに巻きついて伸びていきます。
種蒔きをしてから6週間が経ちましたが、今はまだ上へ上へと伸びる時期。
花を咲かせるのはもう少し先です。

夏のハタケでやることは、除草作業です。
ホーと呼ばれる長い柄のついた小さな鎌を使って、雑草取りをします。
雑草がのびると、日当たりが悪くなったり、
栄養を取られてしまって、農作物の生育に影響があるので、こまめな雑草取りが重要なんです。
ある程度まで、豆や他の野菜たちが育ってくれば、雑草もさほど気にならなくなってきます。
それまでは、豊かな収穫を願いながら、せっせと雑草取りを続けます。


そして、ハタケマメヒコでは、
カボチャ・ジャガイモなど豆以外の野菜も育てています。


こちらは、ジャガイモの花です。
これからの時期は、テントウムシダマシというテントウムシによく似た虫が葉っぱを食べに集まってきます。
葉っぱを食べ尽くされてしまうと光合成ができなくて、ジャガイモが育たなくなってしまうので
要注意なのです。



こちらは、トマトの花です。
夏に実をつける野菜たちは、今、続々と花の時期を迎えています。
ここから日に日に気温が上がっていくので、
その短い夏の間にどんどん成長していく様には毎年感心させられます。

目の前にある作業だけを考えれば、ハタケというのは地道で単調なことが多いのです。
でもふと視線を上げて、見渡してみると、
夏のハタケは緑が濃くて、植物の生命力に溢れています。
吹き抜ける風の心地よさや燃えるような夕日の美しさ、
そして、ひと汗かいた後の食事の美味しさ、など
ハタケの魅力というのは言葉ではなかなか伝えきれないものばかりです。
そういうことも含めて、夏のハタケをみなさんにもぜひ体験していただきたいなと思います。


さて!来週はいよいよ今年3回目のハタケの遠足です。
ご参加お待ちしています。

○次回日程
7/21(土)・22(日)

○今後の日程
8/18(土)・19(日)
9/15(土)~17(月)
10/6(土)~8(月)

○場所
ハタケマメヒコ(北海道千歳市駒里)

○集合
12:30集合@千歳空港

○宿泊
各自で千歳か札幌のホテルをご予約ください。 日帰り参加も歓迎です。

○予約
店頭もしくは、下記フォームからお願いいたします。