【6/21~24 最後の上映会】今日から映画祭。期間中は特別メニュー!

こんにちは!マメヒコの日野です。

今日からマメヒコ映画祭のはじまりです!

この4日間は、特別メニューになります。
お食事は、映画の小道具でもある紫陽花ケーキと、
映画を観ながらでも食べやすいサンドを2種ご用意して、お待ちしてます。

 

紫陽花ケーキ

2ab5e64c50c10c337b2b03943498c053

梅雨の時期がくると、メニューに登場している紫陽花ケーキですが、
今年はマメヒコ映画祭の4日間のみ、宇田川町店限定で提供します。

マメヒコピクチャーズの第一作、「紫陽花とバタークリーム」の映画のために、
紫陽花ケーキというロールケーキはうまれました。
良質なバタークリームは、ラズベリーで紫陽花色に染めています。

「紫陽花とバタークリーム」を観るときには、このケーキをぜひお召し上がりください。

カツサンド

カツサンド

宇田川町店限定の長年の人気メニューです。
サンドしている食パンも、カツの衣のパン粉も、パン工房でもある宇田川町店で
手作りしているものなので、店舗限定のイチオシでお出ししてきました。

オーダーの度にカツを揚げて、オリジナルのソースにくぐらせて、
しゃきっとしたキャベツとサンドにしています。
召し上がってみれば、長年の人気の理由が分かります。

お腹が空いている方はこちらをどうぞ。

フルーツサンド

フルーツサンド1

初夏でも大人気のフルーツサンドです。
こちらを召し上がるとき、インスタグラムをされている方は、
#マメヒコのフルサン #サヨナラ宇田川 のタグで投稿していただけると嬉しいです。
みなさんの思い出もお待ちしてます。

「紫陽花とバタークリーム」

田口トモロヲ主演 (2012年/75分)

紫陽花

主演は、田口トモロヲさん。
カフェでおこる小さなできごとをオーナーとしてとても好演してくださっています。

ちょうど6年前のこと。
6月の三軒茶屋のマメヒコで、この作品の撮影が行われました。
マメヒコという店名は出てきませんが、まさにマメヒコを舞台に
お客さんとスタッフとの人間模様を描いた作品です。

「紫陽花とバタークリーム」のタイムスケジュール

・6/21(木)16:45~
・6/22(金)19:30~(井川監督のトークつき)
・6/23(土)17:15~
・6/24(日)14:30

「さよならとマシュマロを」

  田口トモロヲ主演 (2013年/90分)  

c7f05c9dc76b727453286d940fb48dc3

 -もう泣かなくなってしまったあなたへ
心の根っこのほうから 涙があふれる映画です。-

こんなキャッチコピーで、この映画は公開されました。
“あなた”にぜひ観ていただきたいです。
第1作に続いて、主演は田口トモロヲさんです。
カフェの日常を好演してくださっています。

震災がきっかけで店を辞めていくカフェ店員の悲哀を演じているのは、富山えり子さん。
先日の一人劇でも好評を博した、わたしもだいすきな女優さんです。

撮影は、三軒茶屋店で行われました。
横浜や震災後の南三陸町も撮影地になっています。
富山えり子さんの出身が東北だったことが、この作品のストーリーの一部になっています。

「さよならとマシュマロを」タイムスケジュール

・6/21(木)14:30~
・6/22(金)17:15~
・6/23(土)19:15~(井川監督のトークつき)
・6/24(日)16:30~

「ゲーテ診療所 とうさんのティラミス」

増原英也主演 (2016年/120分)

定期公演している人気のお芝居、「ゲーテ先生の音楽会」のスピンオフ作品です。
オペラ歌手の増原英也さんが、ゲーテ先生として好演してくださっています。

撮影場所は、東京と、北海道千歳にあるハタケマメヒコ。
この年はハタケが豊作だったので、花豆の花の鮮やかなオレンジ色は見どころです。

音楽を担当されたのは、丸山和範さん。
朝ドラ「ちゅらさん」の音楽をつくっていた方です。
2年前の『紫陽花とバータクリーム』以来のコンビ復活です。

この映画を観るときには、ゲーテ先生の歌うカンツォーネや
丸山さんのきれいなメロディーなど、音楽もぜひぜひお楽しみください!
映画好きの方はもちろん、音楽好きの方も楽しんでいただけること、間違いなしの作品です…!!


「ゲーテ診療所 とうさんのティラミス」のタイムスケジュール

・6/21(木)19:00~(井川監督のトークつき)
・6/22(金)14:30~
・6/23(土)14:30~
・6/24(日)18:45~(井川監督のトークつき)