マメヒコのフルーツサンドについて

大人気のマメヒコのフルーツサンドについて。

食パンはマメヒコで焼いたものを使います。
材料は強力粉、牛乳、脱脂濃縮乳(牛乳を濃くしたもの)、バター、ドライイースト、砂糖、塩。
水は一滴も使いません。牛乳の甘さとバターの香りがとても感じられる食パンです。
粉に対して水分量たっぷりのレシピなので、モチモチの食感です。
焼きたての食パンはフルーツサンドに使いません。
サンドしたときにつぶれてしまうので、ひと晩落ち着かせて、
翌日にフルーツサンド用に1.55mmにスライスして使います。

生クリームは根釧地区で育った生乳のみで作られているものです。
根釧地区の冷涼な気候で育った牧草を食べることで、コクのある生乳になります。
サンドする生クリームは、乳脂肪分35%。パンがリッチな生地なので、
生クリームは軽い口当たりのものを選びます。
しっかりと固く泡立てた生クリームでサンドします。
コツは3つです。
①生クリームをしっかり泡立てること。
②挟む果物は色がくっきりと鮮やかなものを使うこと。
③食パンに果物と生クリームの水分をきちんと染み込ませ一体になるようにすること。

作り方を教えましょう。
しっかり泡立てた生クリームを、バターを塗るように食パンの両面に塗ります。
そして片面に果物を乗せた後、もう片面をかぶせて挟みます。
挟んだらラップで包みます。
このときに、軽く押しながら包んで、食パンと果物をなじませます。
平たいバットやお皿の上に乗せ、冷蔵庫でしっかり冷やしたら切ります。
切るときはよく研いだ牛刀で四辺の耳を落とし、等分します。
力まかせに切ろうとすると、食パンがつぶれてしまうので、
慎重に力を入れず、てこの原理で切っていきます。
切るときに包丁に生クリームがつくので、その都度、拭きましょう。


店頭においてある、ご近所さんの回覧板(リーフレット)は、フルーツサンド特集です。
くわしくは、そちらをお手に取ってご覧ください。