クリスマスケーキのひみつ 担当ヤス

今日は、クリスマスイヴ・イヴということで…
たくさんのクリスマスケーキのご注文を承りました!
ありがとうございます。
ケーキ担当のヤスです。

ケーキのスポンジをたくさんたくさん焼いてると、卵の力を感じます。

卵と砂糖を約20分しっかり泡だて
フワッフワなところに振るった粉を手早く合わせます。

最後にほんのわずかの牛乳とバターを手早く混ぜ込み
型にザッと流し、焼くこと40分。
卵の力だけで、10センチの高さまで持ち上げていきます。
すると、最初の20分でしっかりドームのように膨れ上がります。

その時は中はまだ焼けていなくて生。
このまま膨れていてほしいと思うけど。
だんだん表面は平らに。
凹んだ、と思いがちだけど、それは中もしっかり焼けてきましたよ、という合図。

焼き終わりの頃に初めてオーブンの扉を開けます。
焼きあがった生地の表面に耳を近づけて指で軽く押すと、
「ジュッ ジュッ!」とキレの良い音がします。

その音は一回の確認でしか聞こえないけれど、聞こえると安心。
しっかり焼けてるよ!っていう合図。

そしたら、すぐさま型底を打ち付ける。
ショックで熱を逃がし、必要以上に余熱でペシャンコになるのを防ぎます。
手早く逆さに型を外し、そのまま逆さに冷ます。
これも、持ち上がった生地が底面から蒸れ、しぼまないため。

ずっと逆さにしてるとスプレー缶の底のように凹んでしまうけど
そのあと天地を戻すと数時間後には底の凹みが平らに戻るんです。

すべて卵の力なんだな、ってスポンジを焼く度に感じます。

スポンジの話で終っちゃいました、、トホホ。

クリスマスケーキ、
24日、25月のご注文をまだまだ受付けております。
ぜひこの機会にマメヒコのケーキをご自宅でどうぞ。

[mamehico url=”http://mamehico.com/archives/38380″]

ミニ反転ロゴ黒
Theme
アーカイブ