いろんなカンボジア

毎年秋になるとカンボジアプリン作っています。
もう何年になるでしょう。
マメヒコのヤスです。

帯広で最初にハタケマメヒコ始めた頃は、
ハタケの知り合いの方から『味平』という品種のカボチャを
たくさん送っていただいたこともあったっけ。

2013年、札幌の千歳の現ハタケマメヒコに場所を移してからは
豆畑の横で本格的に自分たちの手でカボチャを育て始めました。
最初の年は『雪化粧』なんかも作っていましたね。
表面が白いカボチャ。
水っぽいのでカンボジアプリンには向かないのですが。

翌年2014年、皮が緑色の栗カボチャの品種に絞り、
この年は粒揃いの大きいカボチャが豊作でした。
ブルーシートめいっぱいに収穫したカボチャを目の前にし、おお〜っと圧巻でした。
すべてすべて、カンボジアプリンのために。

毎年召し上がって下さっているお客さまとは
たびたび『何年目になりますか?』と会話になります。
ありがたいことです。

今年もまだまだ始まったばかり。
マメヒコ秋の味覚をどうぞ。

[mamehico url=”http://wp.me/p5ckZV-9mL”]

Theme
アーカイブ
今日もマメヒコで。vol.01 マメヒコは専門性じゃなくて総合力

こんにちは。マメヒコスタッフのミカです。 マメヒコで出会ったお客さんに、”あなたにとってのマメヒコ”を聞く、「今日もマメヒコで。」 マメヒコ店頭でお配りしている「スタッフより」と連動の新しい連載をこの場所で始めようと思い