成長について

マメヒコに入れば成長できると思いました、
そんな志望動機のなんて多いことか。

いますぐどうのこうのではないんですけど、
いずれ自分のお店がやりたいのだけれど、
ここでなにかを学びたいんです、
というひとのなんて多いことか。

結論から言うと基本的にそう言うひとは採りません。
間違って採ってしまうことはありますけど、
押しが強いからね。泣かれたりしてね。

けどあんまりとっても活躍することってない。

ここでは成長できないことがわかったと辞めちゃうことが多い。

成長を口にして言うひとは自分が意欲的だと
アピールしてるつもりなんだろうけど、
それ以上に利己的な側面が強い。

あのね。

マメヒコに来て成長なんかしないですよ。
うちにきたところで成長なんかしない。
カフェをオープンするうえでの勉強?

そんなもんにならないですよ。
なるもんですか。なるならボクが働きたい。

いまの若い人たちは、自分のプラスになることには
とても熱心。
逆に損になることはやりたがらない。
それはそれでいんですよ。
そう教育されてきたんだから。
そのことで彼彼女を責めるのも気の毒でしょ。

ただ残念なことに、
利己的なひとが、なんて言うんだろ、
そのひとの定義するプラスに、うまく振る舞えた人をボクは知りません。

根本的に利己的な人は、
結果的にプラスにならないんだよと、
損して得をすると言うことを
どうして親も先生も言わないんでしょうか。
親も先生もそうだから何が悪いのかがわからないんでしょうか。

自分がどこにいても成長できないのは、
あなた自身の本質ではなく、
振るまい方、日々の選択、言葉づかいや笑顔の作り方に
利己的なところが見え隠れしているからよ、
とどうして言わないんでしょうか。

成長させることを約束するような求人広告に惹かれている時点で、
成長する可能性を減らしているとどうして言わないのか。
ダイエットの効果を謳った広告に惹かれて
やせたひとがいないのと同じだとどうして言わないのか。

成長したい人は自分に自信がない。
それはわかるんです。だったら、
自信がないんですけどやれることはやりますからとだけ言えばいいのに。

まあね。言いたいこと言ってますけど、
それが言えりゃ男も女も苦労しないわよ、と十分わかってて言ってます。
みんな素直になれるなら戦争も文学もないもんね。

なにごとも一面しかないものはないから、
それもこれもバランスです。

社員をはさみやのり程度にしか思っていない会社よりは、
セミナーを頻繁にやってる会社の方が社員思いだと言えるけど、
そこにいることがあなたを成長させる担保にはならない。
バカ言うな効果はある、というひとがいれば、
それは効果なしと言われると困る人たちの屁理屈でしかない。

教育が無用と言ってるんではないですよ。

こんなこと言うと、じゃぁどうしたらいいのと言われるけれど、
そんなこと言ったってわからない。
わからないから、成長なんてつまんないこと考えてないで、
毎日にこにこやるしかないじゃんよ。
一発逆転なんてないんだからよぉ。

ほんとに真面目なスタッフがいっぱいいます。
不真面目なスタッフなんかいませんよ。
体を壊してまで働くというひとばかりです。

それでも、その子たちは成長してるか?
みんなこう思ってると思う。

「自分はどうしてかようにも鈍くさく、ちっとも成長できないのかと」

屋久島の屋久杉は成長が遅いそうです。
自分が成長してるなんて気付かない。
だからこそ、1000年も生きることができる。
そのことはひとつの真理だと思う。
年輪を積み重ねていけばいい。

とにかくやり方。
どうせやるんだったらそんな風にしない方がいいのになと。
善人ほど最後は悪人になってしまう。

Theme
アーカイブ
今日もマメヒコで。vol.01 マメヒコは専門性じゃなくて総合力

こんにちは。マメヒコスタッフのミカです。 マメヒコで出会ったお客さんに、”あなたにとってのマメヒコ”を聞く、「今日もマメヒコで。」 マメヒコ店頭でお配りしている「スタッフより」と連動の新しい連載をこの場所で始めようと思い