• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


みんなたちへの豆教室 VOL.9

みんなたちへの豆教室 VOL.9

08autumn03-01.jpg

小豆の相場の話をします。

まずみんなが農家さんだとします。
今は夏です。今年の畑にはいっぱい花がついた。

みんな「今年の秋は小豆豊作だべっちゃ。農協に売れば1俵9500円てとこだべか」

そこにボクが来る。
ボクは小豆を買いに来た商社マンです。

ボク「えぇみなさん。ボクに小豆を売ってくれませんか。1俵60kg。9800円でどうでしょう」

みんなはひそひそ相談しますね。1俵9800円といえば思っていたよりも高い。

みんな「いいよ。売ってやるべ」

ボクは事前に中国の小豆が農薬の騒ぎで品がそろわないと知っていたんですね。
だから国内の小豆は引く手あまたになると踏んでいた。
だから高値で買ったんです。

そのニュースが知られてからでは遅いですから。
収穫前にあらかじめ畑ごと小豆を買ってしまうんです。

案の定、中国から小豆が入ってこないことが確定しました。
国内の小豆相場は跳ね上がります。
一俵10000円もついた。
ボクは9800円で買ってますから、一俵あたり200円も得する。
農家の人は気持ち的には損です。

みんな「慌てて早く売ってなければ、一俵あたり200円も得したのに」

でも、もちろん逆もあるわけです。
今年の中国の小豆が入ってこないと聞いて別な商社が、
こんなときのために倉庫に隠し持っていた古い小豆を一斉に売った。
国内も予想以上に豊作だった。
需要に対して十分足りてますから、
相場は思っていたよりあがらず、1俵9400円だった。
ボクは1俵400円の損。みんなは400円得します。

みんな「よかった。よかった。早く売っといてよかった」

これはどんどんエスカレートする。
言ってみれば、いろんな人を巻き込んでやる上がった下がったの博打ですから。

相場は常に上がったり下がったりする。
相場には、ウソとホント。
信用と裏切り。
愛と悲しみがつきまとう人間くさいものです。

「赤いダイヤ」とは小豆相場が生んだ悲喜こもごものドラマのことです。