• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


みんなたちへの豆教室 VOL.4

みんなたちへの豆教室 VOL.4

08autumn02-01.jpg

十勝の大樹に茶豆を作ってる農家さんが知り合いでいるからね。
マメヒコでも枝豆やれないかなと思うんだけど。
枝豆って言うのは、一にも二にも鮮度なんだよ。
門外不出の地元の人だけが食べてた山形の「だだちゃ豆」が急に有名になったのも、クール宅急便の発達だって言われてる。
千葉の野田も茶豆で有名ですけど、東京で枝豆食べるなら、山形より千葉から運んだ方がいいに決まってる。鮮度がすべてだから。
だから北海道だとね。少し遠すぎるんだよね。

08autumn02-06.jpg08autumn02-07.jpg これが秋の茶豆畑。
中あけても茶色いでしょ。
まん丸じゃないのわ、まだ乾燥が不自由分だからです。
豆農家の人にとって、畑で十分に豆を乾燥させる、
枯れさせることは、大事な仕事の一つなわけです。
十分に乾燥した豆はまん丸。ほんとにきれいな球体です。

大豆の形そのものというのはあんまり見ないね。
大豆はほとんどが加工品としての利用だから。
麹菌という微生物で発酵させたものが、醤油であり、味噌です。
醤油や味噌の原料が大豆だなんて、教えてもらわなきゃわかんないね。

茹でた大豆を搾って漉したのが豆乳です。
その絞りかすのおからも、大豆とは思えない。

その豆乳ににがりを入れて固めたのが豆腐。
これだって、大豆だなんて夢にも思いませんね。
もっと言えば、がんもどきもそうだし、油揚げも、湯葉も大豆だから、
大豆をとことん食べ尽くすというのはすごいと思います。

唯一、見かけがダイズダイズしてるのは納豆ぐらいですね。
納豆は蒸した大豆に納豆菌をつけて、ねばねばさせたものです。
ひき割り納豆しか食べないというひとは、もはや大豆の形そのものを見ることは無いかもしれません。

 「日本人と大豆って縁が深いんですね」
 「大豆のことあんまり知りませんでした。勉強になりました」

ってみなさん思ってるでしょうけど。

  じゃぁ日本の大豆の自給率ってどのくらいだと思いますか?
 
 「そうね。外国からもいっぱい輸入してるみたいだし、半分くらいかしら」というそこの奥様。まぁクロカンでも食べてよ。

08autumn02-05.jpg 何のんきなこと言ってるの。資料によれば、大豆の自給率は重さベースでたったの4%です。

日本で年間に使う535万トンの大豆のうち、国産はたったの20万トン程度しかない。

そもそも日本で使う大豆の80%は油を絞り、そのかすを肥料や飼料にするために輸入してるんです。
そんなものまで国産大豆でやってたら、揚げ物も炒め物も、豚肉も牛肉も、全部高くて大変なことになる。

日本で使う大豆の80%は油を絞るため、残りの20%の100万トンが直接食べる用で、さらにその20%が国産大豆です。
だからたったの4%。
醤油や味噌は95%、豆腐は75%、納豆は90%が輸入大豆を原料に作られてる。
逆に煮豆に使われてるもののほとんどは国産大豆らしい。

このままでは豆腐が食べられなくなるという事実はまたの機会に。

08autumn02-09.jpg