• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


みんなたちへの豆教室 VOL.38

みんなたちへの豆教室 VOL.38

 

08autumn16-01.jpg

 

季節。
うん季節ね。
ボクは季節というのが好きです。
大事にしたいと思ってる。

最近じゃ、おせちを作るということも少ないみたいですね。
でもボクはおせちを毎年自分で作ります。
食べる人もいないんだけど、意地になって作ってる。
最近じゃ、梅を漬けるということもないみたいです。
でも、マメヒコでは梅シロップやゆずシロップを毎年作ってる。
「まぁ、お若い男性なのに偉いわね」
ってよくおばちゃんにほめられますけど、偉くも何ともないです。
ボクみたいに手帳も持って無く、まるで予定も、計画もなく生きてるヒトにとって、季節ってのは便利なんですね。
自由って言うのは気が重いんです。
区切りがあると気が楽なんですね。
とくにカフェなんてのは区切りがないと憂鬱だと思います。

お正月をお正月らしくすれば、あぁ年が変わったという気になれる。
気になるまでちゃんとお正月をするんですよ。
気になるシチュエーションを作ることが大切です。
そうすれば、去年はなにをやってもダメだったけど、今年は良いかもしれないぞという気になれる。
12/31と1/1。
たった一日、日をまたいだだけで、なにもかも新しくなった気になれる。
なれるまでお正月っぽくするんですよ。

「うざい。正月もへったくれもねぇ。1/1はただの木曜日だろ」

ていうひとは、なんか人生が途方もなく長い気がして、憂鬱じゃないかと思います。

梅を毎年漬ける。
そうすれば、今年は去年より、小粒だから砂糖を減らそうかとかね。
なんとなくコツが飲み込めてくる。
そうなれば毎年の作業が楽しくなる。

昔の暦を見ると、なんかいっぱい季節があるでしょ。
あぁいうのは便利だと思う。
決算だとか人事異動とか、レギュラー番組を持ってるとか、
引っ越しとか、そういうので皆さんもリセットしてるんでしょうけど、
なんの縛りもないボクとしては季節を無理矢理作ることは、リセットする上で楽なんですね。

そうだ。秋のひまわりのはなし。

08autumn16-04.jpg
それがこれ。畑一面にヒマワリが咲いてるんです。
秋の畑に、ヒマワリが咲いているんです。
ヒマワリと言えば夏の花でしょ。

そうしたら、またしばらくして、
今度は秋の畑に、菜の花が咲いてるんです。
菜の花と言えば春の花でしょ。
それが畑一面、菜の花が咲いている。
変だなって思ったんです。
異常気象かな。

 
08autumn16-06.jpg
実は秋のヒマワリというのは音更でもよく見る光景です。