• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


みんなたちへの豆教室 VOL.35

みんなたちへの豆教室 VOL.35

 

08autumn15-01.jpg

 

2009年の最初のメニューは少し原点に戻ろうかと思っているんですね。
マメヒコとして原点です。
ケーキもいんだけど、ちゃんと豆に戻ろうと。

マメヒコだから、豆をもっとしっかりやりたいと。

年明けから使ってる豆を一新しようと思っています。
豆そのものを一新しちゃう。

いまマメヒコで使っている豆は北海道産の豆です。
美味しいと思ってそれをずっと使ってきたんですけど、
さらに美味しいと思う豆をずっと探してたんですね。
それでいま使っている虎豆は貝殻豆に。
大正金時は前川金時に。
白花豆は中生白花豆に。
紫花豆は紅絞りやパンダ豆に。

08autumn15-02.jpg

現在のものから一部、在来種、無農薬で育てた豆に変えることにしました。

この豆を丁寧に甘くも、甘くなくも炊いて、それをそのまま食べるシンプルなメニューをやりたいんですね。
豆そのもののおいしさを見直したいと思っているんです。

世界の豆料理から新しいヒントを得て、違ったおいしさを探してみたいんですね。

この豆教室も年末まで、ぼちぼちやりますけど、
まぁ、あんまりためになることも言ってないんで、誰も読んでないみたいだから、自分の無知も知られずに済んでいんですけど、
ほんとにね、まだまだ豆については知らないことばかりだと思う今日この頃です。

08autumn15-03.jpg

遠軽町の豆屋さんの長谷川さん。
その長谷川さんのところで扱っている地豆に変えるので、
その豆を作っている農家さんを案内してもらいました。
以前紹介した平間さんもそうですし、
もうひとり、遠軽町のはずれに住む服部さんという農家さんです。

服部さんは大正13年生まれの85歳です。

08autumn15-04.jpg

少し足の悪い奥さんはマメを脱穀しています。
から竿という原始的な道具で脱穀してるんです。

そのやり方は最先端農業に比べたら、
もう比べるまでもないほどの昔ながら農業です。

服部さん「いんだ。いんだ。誰に気にしてこさえてるんでないんだもの。自分で食べるぶんだけこさえてるんだもの」

服部さんは農薬を使わずに野菜を作っています。
自分で食べるぶんだけだから、薬を使わなくていんだそうです。

服部さん「売ること考えたらできんべな」

農薬を使っているマメヒコのいままでの豆と、服部さんのところでできた豆をマメヒコで食べ比べたら、その味に愕然とした思いがあります。
農薬のせいだけかはわかりません。
F1種と在来種の違いかもわからないし、穫れた場所のせいかもわからない。
ただ、味が違うことはわかる。
体にするする入っていくのと、体に入ってこない味の違いがある。
その差があるんです。

08autumn15-05.jpg

実際、タマネギやジャガイモにはまぶすほどの農薬を使っていて、農家さんも自分ちで食べる分は農薬を使いたくない。
という話しはあちこちで聞くんですね。
でもかといって、マメヒコで使うすべての食材を無農薬、体に良いものをやれるかと言ったらできない。
せいぜいちょっぴり使うことしかできない。
珈琲や牛乳にしたって、神経質なこと言い出したら、とっても心配ですね。
でも、服部さんの豆を知っちゃった以上、
食べ比べて唖然としちゃった以上、材料費が高くなろうと、やっぱりそういうものを提供したいと思ってしまうんですね。

農薬はいけないとメディアは警告します。
だれだってどうせ食べるなら安全なものをと思いますね。
遺伝子組み換えにしてもなににしても。
けど、高いものはやっぱり売れないんですね。
安全で安ければこんないいことはないですけど、
そんなことはまず無いというのがボクの最近の実感です。
安いものには絶対に安いからくりがある。
マメヒコを始めてから、飲食業界のからくりにびっくり仰天の日々なんです。

マメヒコはそういう安全で美味しいものを提供していく場所でいて、ちょこちょこ来やすいとするための方法を毎日考えてるけど、なかなか難しいです。
あきらめそうになりますね。

服部さんのとってもおいしい野菜も農協には卸してません。
ていうかどこにも卸してない。一部の豆を長谷川さんに卸しているだけです。
あとは自分たちぶんと人にあげるぶん。
規模を大きくした農業では、農薬を使わずに作ることが難しいことは、服部さん自身、農家一筋ですからよくわかってます。
効率よく、商品を作るには農薬を使わずにはできないと、服部さんも思っている。

その服部さんの豆を少し分けてもらって食べました。
ビルマ豆です。

08autumn15-06.jpg

服部さん「ビルマ豆はたくさんできるからいんだ。
これはね、甘いあんこにしてもおいしいし、塩餡にしたら、またおいしんだ」

しょっぱいあんこですか?

服部さん「そう。砂糖はむかし貴重だったからさ、塩餡にして食べたもんさ」