• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


みんなたちへの豆教室 VOL.2

みんなたちへの豆教室 VOL.2

 

08autumn01-01.jpg
マメヒコはオープンして3年になります。

えー。
で。
その豆を3年間、毎日毎日キッチンで炊いてきたんです。
言うは安く行うは難しでね。
いま全部で7種類ですけど。
その7種類の豆を毎日ほどよく炊くというのは、やったことある人にはわかると思いますけど、
・・・大変です。

何が大変かって。
とにかく手間がかかる。めんどくさいんですね。

豆は思いついてもすぐ煮えないんです。
 今夜の晩ご飯、豆にしよっか?
 そうね。
っていう風に簡単にはできないんですね。

乾燥豆には吸水というのが必要なんです。
乾燥してますから「戻し」てやらなきゃならない。

マメヒコの豆は北海道産のものだけを使ってます。
北海道から届いた豆は、客席にあるガラス瓶に入れて保管してます。

08autumn01-04.jpg
  その乾燥した豆をね。
一晩水につけとくとね。
翌朝にはだいたい1.5倍くらいにふくらむ。
それから煮るんですね。 
 

 あのね。
いきなり火にかけても、中までしっかりと煮えないの。
だからそれがめんどくさい。
豆がいまいち敬遠されがちな理由ですね。

火にかけてからは、ほんとに弱火です。
そうしてことこと半日ほど煮る。
やわらかくなったら、味付けです。

その味付けも、なるべく何回かに分けて、じっくりとやらないとだめです。
だからせっかちじゃだめです。
田舎のおばぁちゃんが豆を炊くのが上手というのは、
のんびりしてるからですよ。
冬のストーブの上かなんかにおいて、じっくり炊けば豆は美味しくなるんですね。
そういうことをやってるカフェはたぶんマメヒコだけだと思います。
小豆や大豆だけならあるでしょうけど、毎日7種類の豆を炊いて出してるところはないです。
あっても、めんどくさくて途中でやめちゃうと思います。

マメヒコはさらにケーキのスポンジ焼いたり、レアチーズ作ったりしなきゃいけないですから。
キッチンもホールも一緒くたですから、お店の厨房はてんてこ舞なんですね。

08autumn01-05.jpg 豆ってね。
あれは言ってみればその、まぁ、種なんですね。
豆を土に埋めて、水かけてやれば、やがて、
芽が出て、ふくらんで、花が咲いたらじゃんけんぽん、
と豆ができるわけです。
我が家でもこの夏、ベランダでポケットに入ってた小豆を植えたんですけど、どんどん芽が出て。
葉が出て、花が咲いて、さやがついて、枯れました。
旅行中に水をやり忘れたんです。
でも、結構、簡単に芽が出るんだなと思ってね。
生命力が強いんです。
その生命力が豆の栄養源なんです。
豆って言うのは、生で食べるとあれ毒があるのね。
毒。
種ゆえに毒がある。
ちょっと前にテレビで、白インゲンを炒って食べるとダイエットになるとかなんとか言って。
真に受けてやってみたら、おなか痛くして大変な騒ぎになりました。
あっ知らない?知ってる?
ちゃんと炒ればよかったんでしょうけど。
いくらかは生だったらしんですね。
で、おなか痛くした。

生の豆には毒があります。
豆は馬鹿じゃないですから。
生で美味しかったら、どんどん食べられて、困るでしょ。
だから子孫繁栄のために毒をもって抵抗してるんだそうです。
知ってた?
だいたい知らないんだ。

大豆は畑の肉っていうくらい高たんぱく質だし、大豆のイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることで注目されてますね。
日本人の長寿はイソフラボンによるんじゃないかっていわれてますね。そのくらい栄養の塊です。
小豆も体にいい。
小豆は漢方なんですね。
解毒作用が認められてます。
カラダのなかに溜まった余分な水も出す力もある。今はやりのデトックス食材です。

08autumn01-06.jpg そういう豆の効能はせっせとテレビなんかでやってる。

けど実際はめんどくさいから食べない。
家でも作らないし、ましてや外で食べられるところもない。
だったらカフェでそういうのが手軽に食べられればいいでしょ。

名前もいいし、かわいいし、体にもいいし。
もっと豆やマメヒコが注目されてもいいと思うんですけど。
注目されないです。(苦笑)

メニューも焼きりんごやレアチーズのほうが圧倒的に人気がある。

豆ってほんとに地味なんです。
だからみんなたちの豆教室を始めてみたいと思います。